スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私の名馬①

あ~、今日も寒い

寒いと肩こるの私だけでしょうか?(笑)


どーも☆ リサペパです



今日は某ブログのパクリですが(汗)
ネタがないので、私の中の名馬を紹介します☆



『ナリタトップロード』


私が競馬を始めたころの名馬ですね☆
一番最初に好きになった馬が、テイエムオペラオーで、だんだん
トップロードの方が好きになってしまっていました(笑)


理由はいろいろありますが、やっぱり渡辺ジョッキーとの友情物語!!
これですね☆


デビューは、1998年12月5日 天候(雨)


結果2着でしたが、レースを終えてコースから戻ってきたトップロードの口元は
血だらけ・・・


抑えたい渡辺ジョッキーと、走りたいトップロードが喧嘩した結果でした。


この教訓を活かし、続いてのレースは馬の行きたいように、行かせて勝利。
このレースを見て、沖調教師はトップロードに我慢を教えることを決意。


続いての福寿草特別では、沖調教師から渡辺ジョッキーにこんな指示が
『着順よりも、今日は抑えることに専念しろ』

渡辺ジョッキーは当時、沖調教師の所属騎手。
沖調教師は、トップロードで渡辺ジョッキーを一人前にしようとしていました。

結果、懸命に抑えることを覚えさせましたが 3着。
しかし、上がり最速で上がってきました。


福寿草特別での指示が活きるのが次走のきさらぎ賞。
1番人気のエイシンキャメロンを鼻差抑えての勝利です。


このレースがきっかけで、一気にクラシックの主役へ。


皐月賞のステップレースである弥生賞を2番人気で見事1着。
1番人気アドマイヤベガに強襲されるも、こらえました。


そして、クラシック第1弾皐月賞へ。


前走の強襲の脚、血統が評価され、1番人気となったアドマイヤベガに次ぐ
2番人気。 4角から上がってくるも、外からのテイエムオペラオーの
強襲に、そしてオースミブライトを捕まえきれずに3着。


惜しいレースでした。


この結果、当時新人の渡辺ジョッキー不安説が囁かれました。

しかし、沖調教師はジョッキーを変更することをしませんでした。
おそらくオーナーへの理解を得るには大変だったと思います。


このレースで、この世代は3強世代と呼ばれ始めました。


続いての日本ダービーは、3強で1~3番人気を独占。
結果は、武豊騎乗のアドマイヤベガが見事なまでに、この2頭を
ゴール前で差しきりダービー馬となりました。

ダービーでは、渡辺ジョッキー、和田ジョッキーの若さが露呈した形に
なってしまいました。 結果的に。


残る3歳クラシックは、菊花賞のみとなりましたが、沖調教師、渡辺ジョッキー
にとって、どうしても取りたいGⅠでした。
まさに、『負けられない戦いがそこにはある』でした。


ここで、沖調教師はある決断をします。


従来京都外回りコースというのは、3角が上りで、4角にかけて下っていきます。

3角からスパートをかけると、4角までのくだりが終わるころには
脚が上がってしまって、最後の直線脚バタバタになってしまう、
というのが一般的でしたが、その常識を覆す作戦に出たのです。


トップロードの長所である心肺能力を100%活かすためです。


この作戦が見事的中。 

トップロードは最後の直線で、ラスカルスズカ、テイエムオペラオーを抑えて
見事、菊花賞馬に輝きました。

レース後、渡辺ジョッキーは号泣。



負けられない戦いを見事制したことと、
トップロードにようやく気持ちよく走らせてあげたこと、
オーナーや関係者に続けて乗せてもらったことへの感謝、
そして、沖調教師への感謝・・・


色々な感情が渡辺ジョッキーの中で駆け巡りました。


トップロード自身もこのレースは、早く走りたい、そして勝ちたい!!


と、思っていたはずです(笑)


見事3強で、3歳クラシックを分ける形になりました。


自分の中でクラシックと言えば、この世代が必ず出てきます☆




この後は、ジョッキー変更などありましたが、本当に好きな馬でした。

気が向いたら、古馬編も書きたいと思います(笑)



以上、第一回私の名馬でした☆



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

どうもです☆

トップロード自分も好きでした。

最近若手騎手が有力馬に乗る事が少ないんで、もっともっと沖調教師のように若手を育てるような調教師増えてほしいですね。馬主サイドの方針もあるんで難しいのかもしれないですが。

トップロードの子供がもっと見たかったですね~。

カミソン君☆

ども☆

トップロード好きだったんだ~♪
いいセンスしてるよ(笑) (^。^)y-.。o○

最近若手がほんとチャンスないですよね~><
そして、若手どころか、日本人ジョッキー自身をあまり信頼していない調教師もいるし・・・
外人ばっかのせる調教師・・・(ジャガーメイ○)

褒めれるのは、グロリアノアの小林!!
なんと、オーナー自身が指名したようだからね~☆

トップロードの子供・・・ほんと見たかった(涙)
2011予想
-結果-



☆競馬予想実績です☆
(9月23日実績)


【GⅠ成績】
-23,100P


【GⅡ成績】
-20,000P


【GⅢ成績】
-20,000P


【合計】
-63,100P




プロフィール

リサペパ

Author:リサペパ
夫婦でお馬さんが大好きです☆
最近はゴルフも♪

最新記事
最新コメント
カレンダー(月別)
03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウント
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。